新卒入社した会社を半年で辞めました

タイトルの通りです。Twitter見てくださっている方はご存知かと思いますが9月22日付で退社して現在ガチ無職です。

最近やっとPC開いてられるテンションになってきたので書いてみます。

前職について

簡単に言うといわゆる「小学生向けプログラミング教室」の「先生」をしていました。

と言っても会社自体は通信の高校経営してたり出版部門あったりソーラーパネル売ったり格安SIM売ったり流行りに乗って色々な事業を立ちあげて頑張って生きてる会社で、私は「新規事業部」に配属されていて、その「新規事業」が「プログラミング教室」だったのでとりあえず「先生」をしていたと言うわけです。

まあ「プログラミング」と言ってもメインはSTEM教育でレゴで遊びながら理系の考え方を育てましょうと言う感じ。

3月24日に卒業式で25日から入社式と研修が始まる謎...を心の中に押し込めてとりあえず頑張って働かなきゃと7月下旬までつくば⇄横浜市内某所を往復する毎日...

教室でのレッスンの他にもチラシのポスティング、ショッピングモールでの営業イベントなどなどをこなしつつ5月には年長から小6まで100名以上の生徒を担当していましたとさ。

 

動機

自分でもよくわからないんですがだんだん身体が物理的に動かなくなり死を意識し始めたので辞めました。

在学中にうつ病になって1年で持ち直した前科があるのですがその時とは違って無気力になるよりも先に身体が動かなくなりました。脚の痛さは毎日あったんですが腰も痛くなって7月4日に突然身体が動かなくなって1週間くらい休んで復帰して引っ越し後8月下旬から9月の頭に毎日めまいがして数回倒れかけるということがありました。

その理由としては7月までつくばから通っていて無駄に体力を消耗する上に8時間ほとんど立ったりしゃがんだり声張ったり歩きっぱなしの業務内容だったのと週休2日(2日とは言っていない)と言うことで6連勤1休3連勤とか7連勤とか休みが自由自在に移動するわけのわからないシフトだったことが原因かなと思ってます。

 

他には先輩との会話が難しかったとかの微妙なストレスとカリキュラムについての不安感とこのままだと何も得られず自分の持っているちょっとした技術も朽ちるのを待つだけで望む成長できなさそうだなと思ったからというのもありました。

働いていた時

基本的に勤務時間は10時〜19時で8時間勤務だったので8時に家を出て21時に家に着くという感じでした。7時起床25時就寝できたらいいなみたいな。

でもレッスンの時間が30分は残業しないといけない時間帯で設定されていたので実際は22時に帰宅できれば万々歳みたいな感じでした。

そもそもなぜ引っ越さなかったかというのは、同棲していたのもありますが勤務地は内定もらった時は「山手線圏内だろう」という話だったからです。勤務地が変わった話はまあまあ複雑な感じになってたので割愛します。

7時起き25時就寝できれば余裕じゃんと思うじゃん。

冷静になって考えると7〜8時と21〜25時の5時間しかプライベートな時間がないわけで、そこに着替え、化粧、朝食、夕食、風呂が入るので本当に自由な時間は2時間半とかしかなかったわけです。

 

とはいえ業務内容はまあ「ほぼ想像していた通りのこと」を頑張るだけだったので体力的には大変でしたが難易度的にはそんなにでもなかったです。ただ私にとってはそれが逆に「成長できない」という不安を煽ってストレスになっていた感じがあります。

あと「超文系会社」過ぎたので情報系()を学んだ私が意見したことは全て「紐途ができても他の社員ができないから導入コスト考えて?他の社員に教えられるなら自分でやってみて。」でした。そして直属の先輩も文系なので話題は「彼氏が浮気するんだけど広い心で受け止められるようになってきたよ」という話に「そうなんですか〜」と相槌を打ち続ける日々でした。

 

結局何がダメだったのか

愚痴と嫌味っぽくなってしまって申し訳ないんですが私がちゃんと就活できなかったせいなので全部私の責任。会社は私に合わなかったけど全体的に見ればブラックではない。いい会社でした。

私が大学出られても「やりたいこと(納得して続けられること)が見つからない欠陥品」だったのが悪かったのです。

4年の春から就活してたのですがエンジニアは無理だと思ったので総合職で受けるものの具体的に何をさせられるのかが不透明だと応募できない性質だったので受けた会社自体も少なくて...受かったから働き始めたという感じだったのがダメでした。あと「自分に価値がない」と思いがちで超大手とか全く受けなかったのもダメでした。

 

良かったこと

「習い事」の裏側がわかったのと、子供かわいいなあと思えるようになったことと、自分が「先生」を演じるのが上手いと分かったことです。

そして思っているより世の中は私よりも情弱で溢れているということがわかりました。

 

現在

彼氏大明神に養ってもらっています。名前の通り紐になりました。

大明神の開発してるもののデザイン案作ったり大明神のモチベをあげたり料理したり家事したりしてます。

年末に友人の名刺デザインさせてもらったりもしました。

年が明けてからやっと絵が描けるようになって今は絵を描いたり練習がてらランサーズで名刺デザインとかチラシデザインとか投げたりし始めています。(コンペなかなか通らない)

 

これからどうするか

絵を描いたり名刺とかチラシとかデザインするのは苦しいけど嫌いじゃないことだと実感したのでとりあえず大明神に見限られるか働けと怒られるまで細々とこれを続けたいと思います。

大学時から今まで見返してみるとそこそこ作ったものがあったんですがどんなにポートフォリオが溜まってても「自分よりできる人たくさんいるから自分無価値」という呪いが消えないので消えるまで何かしら作りたいと思います。いけるっしょってなったらまた就活します。

似顔絵とかイラストとか名刺デザインとか研究発表ポスターとかポスターとかアプリアイコンとか作れるのでお仕事募集してます。

 
 
余談ですがこれから就活する方へ

同じ大学の人だったら、多分自分が思っているよりも他人よりできることが多いので恐れずにチャレンジしてちょっと自分にはレベル高いかな?くらいのところに行った方が幸せになれると思います。私みたいに何やりたいかもわからないならとりあえず大手受けまくるのもいいと思う。内定もらえたらとりあえず「大手に受かった」ってことで転職もしやすいだろうし大手コンプレックスもない。(私はめっちゃ会社名コンプレックスだった)

 

ブログになる前のメモ置き場

メモ

chuto-memo - Scrapbox