猫を飼って良かったことと悪かったこと

昨今の猫ブームで「猫飼いたい!」「癒されたい!」という人も増えてきたと思います。私もその一人なのですが、猫を飼ってみて1年、良かったことと悪かったことどちらも出てきたので書いてみます。参考までに。

 

良かったこと

・かわいい

 とにかくかわいい。親バカになります。自分の猫が一番可愛く見えます。

・癒される

 その可愛らしさともふもふした手触り、時々見せる間抜けな顔で毎日笑わせてもらっています。最強の癒し。

・さみしくない

 家に帰れば猫がいる。同居人がいなくても猫が帰りを待っててくれるのでそんなに寂しくありません。あったかいです。

・同居人との話題ができる

 今日の猫の様子について毎日話すので会話が無くなりすれ違いの日々...なんてことにはなりません。

・友人との話題ができる

 猫好きの友人との話題ができるのでコミュ症の私でもなんとか友人と会話ができます。

・猫とコミュニケーションが取れる

 名前を呼ぶと気が向いたら返事をしてくれます。楽しいです。うちの子達はお腹がすくとどんなにお腹が空いたか、どんなに空腹が辛いかをたくさん説明してくれます。(飼い主の想像)

 

悪かったこと

・早朝に起こされる

 猫は早朝に活発に活動するようで4時半くらいに運動会と空腹アピールが始まります。夜型人間で毎日1時過ぎに寝る私にとってかなり辛いです。ひたすら耐えるのみです。最近は諦めました。

・家具、家電を破壊される

 猫は紐が大好きです。今までにイヤホン2つ、MacBookの充電器1つを破壊されました。他にもソファも爪とぎされることもあれば引き戸のクッションはすべてズタボロです。

・食べ物を出しておくと見ていない間に食べられる

 友人にもらった菓子折りを寝ている間にほとんどズタボロにされました。段ボールの中に入れて上に重しを載せていたにもかかわらず中に入れていた米袋がズタボロ&引きずられてバイトから帰った時には床一面白米が散らばっていました。

・旅行に行く時には誰かにえさやりを頼まなくてはいけない

 帰省や旅行で2泊くらいいなくなる時はお世話してくれる知人を探さなければなりません。それ以上長期になるとペットホテルに預ける必要があります。

・おもらしされる可能性がある

 猫は綺麗好きなので基本的にトイレはきちんとする動物なのですが何か気に入らないことがあるとトイレ以外の場所で粗相してしまうことがあります。新入り猫が粗相するタイプだったようでソファに2回、シーツに1回、バスマットに4回されました。いろいろ対策を講じたのですがバスマットはもうトイレと認識してしまったようなので諦めました。最近の猫トイレ用消臭スプレーはすごいなぁ〜〜〜

 

とまあこんな感じです。

たくさん嫌なことありましたしあります。でも私にとっては嫌なことよりも良かったことの方が大きいのでこれからも大切に育てていきます。

嫌なことを読んでマジか、耐えられんわと一瞬でも思ったら猫を飼うのはやめたほうがいいです。人間の子供は年数を経るたびに言葉が通じるようになりますが猫は15年生きても人間の言葉を完全には理解してくれません。ずっと赤ちゃんのような状態です。猫飼いたいな〜と思っている方はそこらへんも考えてみてはどうでしょうか。

 

結構大変な事も多いですが

猫はいいぞ。